長期間ログインされておりません
[PR] 広告主様募集
info mail memo: 2020/05/25
BEST◇キャラレス◇RANK C.R.M
ハピナリ

2067

真夜中の秘め事は
星のみぞ知る

information

当サイトは某/魔/法/学/校のド/ラ/コ・マ/ル/フ/ォ/イのみ提供キャラクターとする 1ヶ月間限定、完全NL片道制のキャラレスサイトです。(管理人→お相手さま)
上記のキャラクター以外の提供、またお相手さまに版権キャラクターを演じていただくことはありませんのでご留意ください。
また当サイトの仕様上キャラクターを完全独占することも不可能ですのでご了承くださいませ。

当サイトは完全に非公式であり、公式関係者さま、実際の事件、人物などには全く関係ございません。またオンラインブックマークや、このサイトから直接公式ホームページにアクセスすることは御遠慮いただきますようお願いいたします。

ご理解いただけましたら、下記をご確認ください。
管理人 / すばる

▽story
▽rule
▽entry

story

“「――今夜、消灯時間を抜け出して来い。」

朝食の大広間で、すれ違いざま貴方に耳打したのはそんな言葉。
夜中の迷路のような城で、二人に待ち受けているのは罰則か、それとも――。”

少年と共に一夜を過ごす。それが今回のコンセプトです。
待ち合わせからスタートし、陽の昇らないうちに寮に戻るまで。待ち受けている試練や困難に遭遇しつつ、少年との時間を楽しんでいただければと思います。展開などはこちらで大筋を決めてありますので、基本的にこちらの誘導に従って付いて来ていただけると幸いです。(展開相談も可能です。)
またストーリの進行上、ゴーストや謎解き、魔法生物などとのエンカウントがございます。それらは管理人側でロルを回しますので、ご了承くださいませ。

rule

基本概要

・NLオンリー
・1ヶ月間限定(多少の短縮、延長あり)
・完全片道制
・管理人1日1回〜3回程度のレス頻度
・置きレス式(別途お部屋を用意します)
・お相手さま完全 オリジナルキャラ(既存キャラ不可)
・ロル50〜800文字程度(基本的にお相手さまの量に合わせます。心情、小説ロルなど形態はご自由に。)
・裏なし(進んでキス程度)
・一週間レスが確認できない場合自動打ち切り

やめていただきたいこと


・提供キャラに対しての暴言、暴力
・過度にこちらの行動を決めつけるような描写

していただけると嬉しいこと


・ストーリーに積極的関与
・レスが遅くなりそうな時の連絡
・世界観を壊さない程度の適切な捏造
・進行中の展開相談
・お相手さまの詳しいプロフィール記載

entry

注意事項


・提供Cとあまりに接点がなさすぎる関係性は控えていただけると幸いです。
・管理人はこの作品の詳細全てを把握している訳では無いため、申し訳ありませんが多少のずれや矛盾は多めに見ていただけると幸いです。
・ストーリーを進めるにあたり、原作には無い呪文やアイテムを捏造する場合があります。
提供Cの年齢は5年生までとさせていただきます。それ以降ですと原作が複雑になり、当サイトのコンセプトから外れてしまうためです。

申請の審査基準は、管理人との相性にウェイトを置いて考慮いたします。受理されなかった場合、理由を尋ねられてもお答えすることはできませんので、申し訳ありませんが何卒ご了承くださいませ。


萌/萎


萌/シリアス、ラブコメ、ほのぼの、戦闘などの展開。キス、ハグ、などの軽いスキンシップ。ストーリー上楽しめる程度の怪我、流血。提供Cのヘタレ化、クールキャラ、冷酷キャラ。サブキャラ(ゴーストなど)の登場。手繋ぎ、告白、嫉妬、両思い、片思い、仲直り前提のけんかやすれ違い。ご都合呪文、アイテムなど。

萎/裏展開、グロテスク、汚物、下品、死ネタ、重すぎる病気、修復不可能なけんか、過度な受け身。

応募項目

・PL名
・PC名
・提供Cの希望学年
(1〜5年生のみ)
・PCの学年
・所属寮
・容姿
・性格
・備考(提供Cとの関係性、呼ばれ方など)
・萌/萎
・サンプルロル(シチュエーション自由)
・その他


以上をご記入の上、mailよりご応募ください。

サンプルロル


(ローブから懐中時計を取り出し、時刻を確認する。22時前。朝食堂で一言囁いたのみだったが、あいつならきっと来る――そう自らに言い聞かせるように心中呟き、長い回廊の片隅で高い高い天井を仰いだ。吹き抜けのここは、美しいステンドグラスで施された天窓から淡い月明かりが差し込む。いつも意識して見ている訳では無い。だからこそ、よけいに綺麗だと思うのだろうか。…ふと、人の気配がして咄嗟に天井から顔を背けた。これがフィルチや先生だったらただでは済まない――緊張気味に目を凝らして視線を注いでいると、闇から月明かりに照らされた人物は。)…なんだ。……遅かったじゃないか。(相手の姿を見るなり途端に呼吸を弛め、もう一度懐中時計を見やる。遅れた、と言っても五分程度なのだが。)